安い費用で合格を目指すなら通信教育が一番

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得を決心したら、次はどんな方法で資格を取得するか、要は試験勉強の方法を決めなくてはなりません。

社会人にしろ、専業主婦にしろ、毎日があわただしく過ぎていきます。
その合間を縫って試験の日までに勉強をし、合格を勝ち取らねばなりません。
しかもできるなら、出費は安く抑えたいものです。

書店で問題集を購入し、独学でコツコツ勉強するのがもっとも安い方法ですが、問題集を読んだだけでは分からない場合も多々あります。
予備校に通うというのが有力な選択肢ですが、通勤途中や家の近くにあるとは限りませんし、費用も10万円位は軽くかかってしまいます。

そんな場合におすすめなのが通信教育です。
通信教育のメリットは時間の融通がきくこと。
そして通学するよりも費用が安いことです。
通学する場合の半分以下という講座もあります。

また、通信教育というと、テキストが送られてきて、それを解き、添削を待つといイメージですが、最近ではDVDやテープなども教材として使用され、質問を受け付ける講座もあり、より受講者の目線に近づいてきています。
あとは、自分で勉強に充てる時間を見つればOKです。

安くて時間の融通がきく通信ですが、デメリットも存在します。
残念ながら通信教育の場合、予備校にあるような固定された時間割りや授業を進めてくれる講師が身近にいないので、自分自身でダレや飽きと戦わなければなりません。
自分で自分をマネジメントすることが求められるのです。

この自己管理能力は資格取得後の業務においても多いに役立つものでしょう。
もし、通信で勉強して資格をとることを決心したら、自己管理能力が決め手となるかもしれません。
これがしっかりできれば、安い費用でファイナンシャルプランナーの資格を獲得することができるでしょう。