効率的にDVD学習をするために

ファイナンシャルプランナー(FP)を目指す場合、効率的な学習を助けるものにDVDがあります。
机に向かって、テキストや問題集とにらめっこばかりしていても、頭になんにも入っていかないことってありますよね。
実は人間は、五感をフルに活用すればするほど学習効果が上がると言われています。
モノクロよりはカラーのテキストの方が、CDよりは視覚と聴覚に訴えるDVDの方がより効果的なのだそうです。
DVDの講義を聴きながらテキストを読み込んでいくと、耳から入る講師の話とテキストの語句が関連して頭にすーっと入っていくのが分かります。
テキストや問題集だけで試験勉強するより、DVD講義を活用した学習の方が脳を刺激して、より短期間で効率的な勉強ができるというわけなのです。

では、どのようなDVDを選ぶべきでしょうか?
なかには通学生が受けている授業風景をただ固定カメラで録画したようなもののあります。
このような場合、画質や音質に問題があるのはもちろんのこと、一番の難点は学生とのやり取りや質問など、無駄な部分も収録されていることです。

ただ授業を録画したものでなく、DVD用に講師がカメラに向かって講義を行っているタイプのDVDを選ぶことが、基本といえるでしょう。
そして撮影用に用意した表、図などを画面に映す形で進められる講義の方が、より視覚的にも効果があるといえます。

最近では、通信教育の講座でもDVD付きの教材が増えています。
数が増えた分、善し悪しが別れるのも事実。
通学生をターゲットとした予備校ですと、DVDは授業風景を写しただけという場合もありますので、サンプルなどを取り寄せ、充分に検討した上で、選ぶことをおススメします。